看護師






看護師転職相談サイトおすすめ
















ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/























































ナースフル疾患別シリーズ

教育体制はじめ勤務先全体の環境、周囲との人間関係など、諸々の退職理由があげられると思われますが、よく考えると、就職した看護師当人に根本の要因がみられるケースが多いと聞いています。
看護師の転職の求人情報をつかみたいようならば、インターネット上の看護師を対象としている転職・求人情報サイトが有用です。しかも看護師転職がテーマのセミナーなんかも時々実施されていますため、一度参加するといいでしょう。
年間15万人を上回る看護師の人が利用しています転職求人サイトのサービスをご紹介します。ブロック毎の看護師専門のキャリアアドバイザーが対応し募集の条件を見て、たちまち好ましい募集案件を紹介してくれます。
間違いなく物価ですとか土地柄も考えられますが、そんなことより看護師の資格を持った方の不足の事態が深刻になっているエリアほど、平均年収が多くなるような傾向が見られています。
看護師の皆様の転職活動をお手伝いしてくれる専任アドバイザーは、看護師の職種を限定とし、地区毎に別です。したがって地区の医療機関などの看護師の募集データを入手していますから、速やかに案内・仲介いたします。
実際看護師を専門に扱っている転職アドバイザーを活用するのが、どんなところより安心して転職が実現できる手段だと思われます。プロの担当者が代理で交渉を行ってくれるので、当然年収総額も大きくUPすると推測されます。
現在年収が平均に足りず不満を抱いている人や、看護師免許取得支援の備わった勤務先を望んでいる方は、一回看護師転職サポートサイトで、使えそうなデータをまとめて収集するといいかと思います。
看護師専門の求人・転職支援サイトをチェックしてみると、非公開求人というものの数にビックリすると思います。全体の9割が非公開というようなサイトも存在します。そこでより条件内容がいい求人募集を候補に入れることが期待できます。
実際的には看護師の給料に関しては、全体的にとは公言出来かねますが、男性と女性が同等にもらえる給料の金額が取り決められている事例が大部分で、性別によって大きなズレがないのが現実といったところです。
一般的に学歴が大卒の看護師で著名な病院の看護師の最高役職の位置にまで成り上がったら、つまりは看護学部の教授もしくは准教授と同じ程度とされる立場になりますので、年収総額850万円以上かせげることは間違いございません。
新人看護師の期間に関しては大卒もしくは短大卒や専門卒の差で、もらえる給料にいくらか差がございますが、いざ転職時は、大卒か否かが注目されることは、あんまりないものだといわれております。
経験豊かなアドバイザーの方が病院や医療機関における職員の内情をチェックしたり、面接に関するアレンジかつ条件を話し合う交渉の代理・仲介もしてくれるのです。そのため満足いく求人探しを成功に導くには、看護師求人・転職支援サイトの存在が必要不可欠です。
ほとんどの条件内容が良い求人案内は、通常公にしない求人を実行しています。そういった非公開の求人を入手しようとするためには、看護師求人・転職サイトを利用することで得られます。費用については全くかかりません。
大部分の看護師向けの転職支援サイトは、タダで全てのコンテンツが使えます。だから転職活動に限ったこと以外でも、加えて看護師に就いている期間は、時々閲覧することでいずれ役立つ時も来るでしょう。
健康診断機関及び保険所も看護師対象の就職先の一部です。健康診断が行われる時に働いている日赤血液センターなどで働いているスタッフたちも、当然看護師の免許を持つ人が勤めています。